So-net無料ブログ作成
検索選択
自転車 ブログトップ

自転車のハンドル周りを一新した話 [自転車]

愛車CUBIKE号に乗って早何年ですかね。15年くらい経ってるか。

色々やられてきたので、気分一新、部品の大交換会をしてみました。

右グリップ外しちゃってますが、交換前の風景。

まずはパーツラインナップ 。


1.シフター



CUBIKE号は6速なのでそれ用を。

シルバーで針表示のTX50ってのもあったのですが、見た目こっちが好きだったので。

なんともお安いので試しに交換してみます。

インナーワイヤーはくっついているので、一緒に交換します。

見た感じ、耐久性はあまりなさそう。雨ざらしじゃなければ大丈夫かも。

ちなみに今までのシフターはこれ。

REVOSHIFTではなくmicroSHFTとあります。

めくら蓋が劣化して外れてしまいました。ポジションの印字も劣化して剥げてます。

割と直感的に操作できるので好きでしたが、シフター部がもっこりしているので、しばらく走っていると親指の付け根あたりが結構痛くなります(まあ、遠出するわけでもないのですが)。

今までありがとう。

 2.グリップ


VELO(ベロ) SLIM LEATHER LOCK GRIP GP-VL-121

VELO(ベロ) SLIM LEATHER LOCK GRIP GP-VL-121

  • 出版社/メーカー: VELO(ベロ)
  • メディア: スポーツ用品


ボロボロのグリップも交換。右側はグリップシフトをやめると長さも変わりますし。

サドルに合わせて茶色に。外側にパームレストがあるタイプにしてみました。手のひら痛かったので楽になりそう。

 前と後ろにいもねじが付いていて、内側のリングが締まる構造。

ハンドルバーに傷がつきにくいかもです。お安いのにお見事。

 3.ブレーキレバー


SHIMANO(シマノ) BL-T610 左右レバーセット ブレーキケーブル付属 シルバー EBLT610PAS

SHIMANO(シマノ) BL-T610 左右レバーセット ブレーキケーブル付属 シルバー EBLT610PAS

  • 出版社/メーカー: SHIMANO(シマノ)
  • メディア: スポーツ用品


ブレーキレバーが樹脂製でイマイチフィーリングが悪いので変えてみることに。

フロントハブに合わせてSHIMANO DEOREのシルバーに(ブラックは600円高かったので却下)

こだわりがなければこんなのもありました。


SHIMANO(シマノ) ブレーキレバー 左右セット ケーブル付 ブラック BL-T4000

SHIMANO(シマノ) ブレーキレバー 左右セット ケーブル付 ブラック BL-T4000

  • 出版社/メーカー: SHIMANO(シマノ)
  • メディア: スポーツ用品

多分操作感はあまり変わらないのではないかと・・・。多分。 

 

箱がかっこいい。シルバーというよりガンメタっぽい。いい色。

 

 

プッシュピンを押し込むとガバッと開くので、グリップを外さずに交換可能。

アジャスターが樹脂だけどどうなんでしょ。

 

 

 中はスカスカで軽くできてます。



ケーブルもインナー・アウター付きなので、ついでに交換します。

SHIMANOの刻印がキラリ。

 

今までのブレーキレバーはこれ。



ALHONGAとあります。Vブレーキも同じブランド

本体が樹脂で、レバーのがたつきが多く、タッチはいまいち。

ごらんのとおりレバーのばねが効いてなくて、レバーが戻りません。

アジャスターはアルミ製でいいんですが、本体側のねじ穴が樹脂なのでバカになりました。

今までありがとう。


作業の詳細はそこら中にあるので割愛。

各ワイヤーの先っちょを切って、抜き取り、新しいケーブルを差し込んで先っちょをカシメればOK。

各インナーケーブルは長さそのままで、ブレーキのアウターケーブルは今までと同じ長さになるように切りました。

一応アウターケーブル内にオイルスプレーを噴射しときました。

後、今回はVブレーキの操作性向上を狙って、軸をグリースアップしてみました。


ディレラーとブレーキの調整をして終了。

完成の図


クランクの錆が気になりすぎる・・・ドッペルギャンガーのやつがポン付けできそうなんだよな。泥除けも白っちゃけちゃってみっともない・・・。

 

シフターの向きは、結構上向きの方が多いですが、自分のライポジだと指が窮屈なので、下向きにしました。







訳もなく走りたくなりましたが、超疲労感のためここまで。

試運転は絶好調。シフターはまだ慣れませんが、まずまず操作しやすいし、ブレーキもフィーリング良くなった感じです。 ただ、止まってブレーキを掛け、前後に揺すると、フロントフォークがしなるようで、ここを改善しないと完全には良くならないかも。

前かごがあるんですが、ブレーキレバーもシフターも当たるので付かなくなっちゃいました。超ボロボロなので捨てちゃうか・・・。



このチャリ、フロントハブをバラした際に壊しちゃったので、DEOREのクイックリリースに交換したのですが、スポーク張りが素人仕事だったので軸がブレブレ。スポークの長さもちびっと足りないという状態でした。

再調整したらニップルが潰れちゃったので、長さを合わせるためロングニップルを発注。再度スポークを張り直しました。触れ取り台がないので、チャリを逆さにし、フロントフォークに設置して触れ取りを実施。一応、前よりは上手くいってブレブレではなくなりました。まあ、各スポークのテンションがバラバラかも。しばらく走って再度調整かと。

何が言いたいかというと、スポーク張りがダメだったら、チャリを買い替えようかと思ったんですがね。まあ、金がないから中古のMTBかなんかを買って、スポーク張りがいらない範囲でカスタムしようかな、なんて思っておりました。それか、眠っている奥さん用DAHONもありますし。

とにもかくにも、休職中で金がないので、なるべくささやかに楽しんでいきたいと思います。



タグ:自転車 cubike
自転車 ブログトップ