So-net無料ブログ作成
コンピュータ ブログトップ
前の10件 | -

RyzenにしたらWindows10の再認証で四苦八苦した話 [コンピュータ]


前回秋葉原に行ったのは何年前か。買い物したのは確か2代前のPCを組んだ時だろか・・・。

多分電気街を歩いたのは十数年ぶりなわけですが、こんな感じでお買い物をしてきました。


買い物リストにはこの辺はまあ、安かったら・・・、と言うことにしてたんですが、だいぶ前に検討した時より安いなと・・・。

しかし、油断してしまいました。いつの間にかアマゾンのほうが安かったです(;´д`)トホホ。はい。


AMD CPU Ryzen5 1600 with Wraith Spire 65W cooler AM4 YD1600BBAEBOX

AMD CPU Ryzen5 1600 with Wraith Spire 65W cooler AM4 YD1600BBAEBOX

  • 出版社/メーカー: AMD
  • メディア: Personal Computers
ASUSTeK AMD X370搭載 マザーボード PRIME X370-PRO【ATX】

ASUSTeK AMD X370搭載 マザーボード PRIME X370-PRO【ATX】

  • 出版社/メーカー: Asustek
  • メディア: Personal Computers



因みに旧環境は

AMD FX-9590

ASUS M5A99FX Pro R2.0

Corsair DDR3-1866 x4

AMD RadeonHD7770 GHz Edition 1GB (←変更なし)

Windows10 Pro (Creators Update適用済み)

SSD、HDDは流用


そこは気を取り直して、ケースに組み込み、いざRyzen起動!

・・・。

ブルースクリーン来た!


Intelな人たちは、割とすんなり起動しちゃうみたいですが、そこはマニア御用達のAMD環境。

一筋縄ではいきません。セーフモードでダメそうなやつを削除します。

AMDチップセットドライバと、AMD Radeonドライバはいったん削除。

ASUS AI SuiteIIは消せなくなってしまったので、フォルダごと削除。

→さらにタスクスケジューラにも登録されているので削除。


色々試行錯誤しましたが、この辺を解消したら安定した気がします。

あとは再度AMDとASUSのドライバをインストールして完了。

すると今度は、「Windowsが認証されていません」的な通知が。


他の方々同様、設定から認証の画面で「最近ハードウェアを変更しました」を選んで・・・エラー!?

何度やっても「認証できませんでした。正規のライセンスはストアで・・・」とツレナイ感じ。

翌日には右下に「認証されていない」透かしが表示されてやな感じ。

マイクロソフトの電話窓口は平日昼間だけになっちゃったし、時間ギリギリに電話したら長いガイダンスで時間切れになっちゃうしああめんどい(;´д`)トホホ


で、改めて、マイクロソフトのライセンス認証窓口へ電話したところ、

「プロダクトキーに問題はない。技術的な問題があるのでテクニカルサポートへ電話を」

と言うことで、さらにそちらに電話。

つーと、こんな感じで、リモートデスクトップでサポートの方がシコシコやってくれました。

(よく見ると右下に感じ悪い透かし表示が…)

 


まあ、会社もこんなやつで会議してるのですが、サポート用に標準装備してるんですな。

マイクロソフト恐るべし。

一応UACがあるので、こちらもOKを押したり、確認のためにweb上のマイクロソフトアカウントにログインしたりしたのですが、

あとは、あとはあちらの方がいくつかコマンドを打ったり、して10分くらいだったかな。

「少々お待ちください・・・」と数分いなくなり、戻ってきたところ、「プロダクトキーを再発行しますのでメモって下さい」と言われ、

メモったり、あちらの方もメモ帳アプリを開いて保存してくれたり、認証画面で入力してくれて、結局認証されました。

原因は?と聞いたんですが、”ハード変更”と”登録上の問題”と言うことで、あまり詳しくは教えてくれませんでした。

windows8(無印)から使ってるプロダクトキーだったんですが、どっかでおかしくなってたみたいです。

web上のマイクロソフトアカウントには2台登録されてておかしなことになってました。


というわけで、

「Windows10のハード変更は再認証が簡単」という噂は、”たまにそうでもないことがある”

という事を言わせていただきたいと思います。



肝心のRyzenちゃんですが、速いです。激烈に。

FXでは爆音と大電流でヒイヒイ言いながら使ってたのがウソのようにジェントルに。

消費電力はほんと半分くらい(一応ワットメーター付いてます)。

Canon DPP4でのRAW現像は全コア使ってくれるんですが、8コア→12コアの効果は結構でかいです。

CINEBENCHももちろん700→1150くらいに。軽く3.8GHzにOCしたら1200越えとか・・・。


OCはUEFIはすべてデフォルト(TPUとかEPUとかOFF)だと3.8GHzでも大丈夫な感じでした。

でもクロック落ちないから省エネとの両立を探り中です。

FXはOC失敗すると固まることが多かったんですが、Ryzenは画面が真っ暗になるんだよね。

なんか怖い。


もっと早く出てたらね。AMDさん。次はIntelに置いて行かれないように、ガンガレAMD




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Windows10 64bitでYs Originに四苦八苦した話 [コンピュータ]

Ys OriginのVista対応版というやつをプレイしていたのですが、ちょいちょい強制終了します。

よく見るとメッセージは"E_OUTOFMEMORY"となっています。

画質設定を落とすと長持ちするのですが、終盤の大事なところで何度やっても落ちる。塔の頂上でダレス登場で落ちたり、倒した後に落ちたり、ダームまで進んで、倒した後落ちたり・・・(;´д`)トホホ

RadeonドライバをWHQLのに戻したり、サウンドやその他心当たりをいじるも改善せず。

で、これを見つけました。





ちゃんと理解できてるか怪しいですが、64bit OSでは3GB以上メモリを積んでいると思いますが、昔の32bitアプリではそれ以上のメモリを扱えず、メモリ不足で落ちる感じ。

Large Address Awareというツールでパッチを当ててみたところ、見事解消。最高画質にしてもエンディングまで進むことができました。


Basicモードだとなんだかうまくいかず、Advanceにして、AddでYS Originの実行ファイルを追加。OriginalがFalseなので、LAAをTrueに変えればOK。



実行ファイルを追加。LAA Falseとなっている

SnapCrab_Large Address Aware_2017-7-3_10-39-59_No-00.png


チェックを入れて、Force Large Address Awareとすると、LAA欄がTrueになり完了

SnapCrab_Large Address Aware_2017-7-3_10-37-57_No-00.png


解像度もその他の設定も全部最高でも大丈夫。

SnapCrab_Ys Origin - Configuration_2017-7-3_10-19-50_No-00.png


イベントの待ち時間が長いし、感動のラストシーンも別な意味で涙・・・。10回以上ダレスと戦ったので、楽勝できるようになりました(汗。


うちの環境

・AMD FX-9590 4.7GHz

・AMD Radeon HD7770 GHz Edition 1GB (メモリOC 1125→1300MHz)

・メモリDDR3-1866 8GBx2

・Windows10 64bit Creators Update


初めてイースが出たのは中学生くらいですかね。初代イースはそれ以来やってなくて記憶がおぼろげですが、イースIIは何度もやってます。このイースオリジンはその前の物語という事で、今更ですが、入手できて良かったなと。

ダームの塔の中だけで、3人のキャラクターでそれぞれクリアするという、思い切った内容ですが、なかなか良かったなと。それぞれ死んじゃう人が違ったりしてパラレルワールドですが、それもまたヨシ。それぞれ切ない感じですが、ファクトの血筋は困ったもんですね。まったく。後のダルク=ファクトはユーゴ君の子孫ってことでしょうか。そんなことを想像しながら、余韻に浸っております。

子供のころはアクションやクリアに目が行って、ストーリーを理解していなかった気がするので、改めてやってみたいなと。

初代イースが手元にないので、安いのが出たら入手したいなと思います(動かすの大変ですけどね)。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

UbuntuでDTMしようとして四苦八苦した話 [コンピュータ]

UbuntuでDTMしたい!と思い、いろいろ試した記録です。

ポイントは

  • MIDIデータを打ち込んだり、人のデータを編集したい
  • VSTを使ってみたい
  • PC上でほぼ完結したい

です。

環境

  • OS:Ubuntu16.10にUbuntu Studioを追加
  • PC:ThinkPadT410(Core i5/8GB)

1.Rosegarden

楽譜でもピアノロールでも打ち込めて便利、と思って使ったところ、Ubuntu16.10に入っているRosegarden16.06で、インストゥルメントプラグインをとっかえひっかえすると落ちる。結構打ち込んだ後に落ちて、そのファイルが読み込めなくなったりした。 KXStudioという所のリポジトリを追加したら、バージョンがダウンしたものの(16.02)直った。

MIDIデータの編集は便利だけどプラグイン少ないし、PC内で完結させるには物足りない感じなので、他のもいじってみようかと。

2.Qtractor

Rosegardenと機能的には近いかも。上記同様、もう少し機能が欲しいので、さらに探す。

3.Ardour

 オーディオデータも使えるし、プラグインも豊富だけど、MIDIの打ち込みはやりにくい。英語なので使い方がわからず四苦八苦したものの、KXStudioのリポジトリを追加したら日本語になった。VSTが使えない(FeSTigeというやつがどうにも動いてくれず)のでもう少しかなと・・・。

4.LMMS

オーディオデータも扱えて、プラグインも豊富。なかなか良いと思ったけど、VSTも使えるはずがUbuntu標準状態では使えない。KXStudioのリポジトリを追加したらVeSTigeが入って使えるようになった。しかし、今度はMIDIデータをインポートしたら欠落する。幸いbeta版がWindowsで使えたので、そっちでインポートして保存してUbuntuに持ってくる、というのはできた。しかし、つながったデータを分割する機能がなかったので、結局使用を頓挫。MIDI書き出しもできないし・・・。

5.MusE

KXStudioのリポジトリを追加したら起動しなくなった。あまり試せていないけど使い方がよくわからず・・・。

 と、まず5本もあることに驚いた(他にもあるかも)。

分かったことは、1本に集約できないこと、各ソフトにあるバグ、OSのバージョンや組み合わせによって中々安定して使うのが難しいこと。

ソフトの役割分担を決めて使ったり、UbuntuをLTSにしたり工夫するといいのかもしれませんね。


タグ:DTM ubuntu MIDI DAW

虎徹ちゃん買いました。 [コンピュータ]

最近微妙にOCにハマってしまい、リテールクーラーの性能に物足りなさを感じてきたので、CPUクーラーを物色しておりました。
PCの構成はこんな感じ。

  • AMD FX-6300
  • ASUS M5A99FX PRO R2.0
  • Corsair VENGEANCE CMZ8GX3M2A1866C9 4GB×2枚
  • SAPPHIRE HD7770 GHZ EDITION 1G GDDR5 PCI-E HDMI / DVI-I / DP
  • Seasonic SS-600HT
  • CoolerMaster Centurion 5

コスト性能バランスを考慮した結果の6コアでしたが定格では物足りなくなった次第・・・汗。
最初は、ケースのサイドパネルにトップフロー用のダクトが付いていることもあり、トップフロータイプを探していたのですが、ネットの記事を見ると、サイドフローの方が性能が上なのと、言われているようにチップセットが冷えそうにない事がわかったので、サイドフローに狙いを切り替え。

性能よりコストパフォーマンス重視で組んだPCなので、狙うはやはり3,000円台。

定番のこれか、

サイズ 【HASWELL対応】 虎徹 12cmサイドフロー SCKTT-1000

サイズ 【HASWELL対応】 虎徹 12cmサイドフロー SCKTT-1000

  • 出版社/メーカー: サイズ
  • メディア: Personal Computers

ファンがデカいこちら

直接の比較で、Thermaltakeが冷却性能も静音性もちょっと負けてたので結局虎徹に。
どうやらヒートシンクが薄いのが影響しているのでしょう。もうちと厚ければ結構行けそう。

で、アマゾンギフト券が1000円分もらえたので、ポチりました。
虎徹ちゃん来た。

 

Camera
SHV31
Focal Length
4.06mm
Aperture
f/1.9
Exposure
1/50s
ISO
320

 

サザエ喰ってたら届きました・・・汗。


<開封の儀>

まずは観察。

そそりたつ虎徹ちゃん。でかい。

 


ヒートパイプの曲げ加工とか、表面がザラザラで、それほど美しくはない感じ。


接触面はピカピカで保護シールが貼ってあります。



風通し良さそうなヒートシンク。



装飾的要素はこのてっぺんのみ。サイズのロゴ。


<取り付けの儀>

とりあえずリテールクーラーを外していきます。

リテールクーラー。今までおつ。
7cm3000rpmのピーキーな仕様。かつ、6コア用だからヒートパイプも無しの貧乏仕様。


純正グリスは固まってなくて、スッポン免れた。なかなか優秀。
とりあえず拭き拭きしておきます。



純正リテンションを外して台座のネジを締める。
バックプレート流用だし、純正リテンションも分割だから、ケースに載せたまま行ける。




リテンションの台座が完成。この時点ではガタガタしています。


付属グリス。中途半端にこだわるよりもまずは純正で行ってみることに。
グレーなのはカーボン入りでしょうか。ただのシリコンでないのは間違いない。
たっぷり出しすぎてほとんど拭き取る始末・・・汗。


グリス塗り塗りしてとりあえず装着。
リテンションの締め具合がわからず、一旦外してみたらグリスが均一に付いていなかった。
ちゃんとバランスよく締めないとダメみたい。結局両側とも最後まで締めた。
壊れないんだろか・・・付けやすいけど心配な構造であります。

Camera
SHV31
Focal Length
4.06mm
Aperture
f/1.9
Exposure
1/20s
ISO
500


高さはあまり心配してませんでしたが、余裕あり。昔のケースですし。


ここでトップフロー用のダクトもさようなら。
これのおかげで、純正クーラーでも結構冷えてたんじゃなかろうか。

これを活かしてトップフロークーラーというのも試してみたい気も。
あまり馬鹿でかいやつだと当たっちゃうから使えないだろか。


ファン装着。フックが付けづらくて手こずった。
完成・・・あ、あれ?



どうやらメモリの空きスロットにファンがかぶっている模様。
これはやっぱり同じメモリは
増設できないかな・・・。


後は配線を整理して完成。
ウラ面配線がほぼできないので、美しく配線するのはなかなか難しく・・・
今はもうちょっと綺麗になってますが・・・。
ケースに穴開けまくりたい。
もしくは新しいケースが・・・。


因みに軽いoc(3.5→3.8GHz)でOCCT10分後の温度は

純正73℃(3000rpm)
虎徹58℃(1000rpm)

くらい。

虎徹はまだ400rpm余力があってこの差はさすが。1000rpmなら静かで常用レベルな感じ。

現在4.3GHzで常用中であります。

Andoroid SDKをインストールしてみた [コンピュータ]

インストーラにバグが有ったのでメモ。

http://www.hlplus.jp/php/blog/trackback.php?UID=1305079062

 戻って進むとうまくいく。なんだか・・・。

ありがとうございました。 助かりました。


Ubuntu9.04を導入した時に困ったことのメモ [コンピュータ]

導入したマシンはThinkPad570E+corega CG-WLCB300GNMです。

1.デスクトップ環境をGNOMEからLXDEに変更すると無線LANがつながらない
http://d.hatena.ne.jp/vividcode/20090606/1244270214
を参考にさせてもらいました。
  /etc/xdg/autostart/nm-applet.desktop
と言うファイルの
  OnlyShowIn=GNOME;XFCE;
と言う行に
  LXDE;
を追加

2.シャットダウン後自動的に電源が切れない
https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=1071
を参考にさせてもらいました。
  /boot/grub/menu.lst
と言うファイルのkernel始まる行の最後に
  acpi=force
を追加

3.無線LAN(corega CG-WLCB300GNM)ドライバが300Mbps対応かと思いきや54Mbpsだった

http://www.ralinktech.com/ralink/Home/Support/Linux.html
からRT2860linux用ドライバをダウンロードし、インストールしました。
よく分からないのでWebUIと言う方を解凍し、install.shを実行。デフォルトのままで自動的にmakeされinstallされました。
でもWebUIとか言いながらブラウザからの設定はうまく起動しませんでした。
設定は設定ファイルに書くのが本当みたいですが、network-managerの設定のままで
とりあえず動いたのでそのまま使うことに。スループットも上がりました。


linux本格稼働開始 [コンピュータ]

元来サブマシンとして活躍していたThinkPad570Eくん。
子供がうろちょろして大変なので、ひとり2階のデスクトップマシンの前に座っているわけにもいかず、最近はリビングで大活躍。しかしながらOSがちと問題で・・・イケナイXPなのであります。
なのでこの非力なマシンで、何とかネットサーフィンを快適に、かつ無料でできる方法を模索しておりました。で、無料と言えばlinuxしかない!と言うことでいくつかディストリビューションを試してきました。
・Vine Linux(安定志向だが更新がゆっくり)
・Fedora(どんどん更新されるがどんどん重たくなっていく)
・Puppy Linux(かなり軽いが機能も軽め)
・Ubuntu(工夫すればそこそこ使える!)
ってことでUbuntuでいってみることに決定!
どれもシックリ来なかったんですが、Ubuntu9.04はうまくはまりました。
条件としては
・PentiumIII450MHz, メモリ320MBでそこそこ快適なデスクトップ環境
 →GNOMEをLXDEにしたりいらないサービスを外して軽量化
・最近導入した無線LANカード(11nドラフト)に面倒無しで対応していること
 →Ver.9.04から対応したみたい。LXDEではちょっと一工夫いりますが
・特にブラウザやメールがそこそこ快適に使えること
 →Firefox3.5preview&Thunderbird3beta2でXPと同等の軽快感
・MS-Officeのファイルが送られて来てもいいようOpenOffice.Orgが使えること
 →標準装備
でネットサーフィン専用としてはまあ文句なしです。

後は
・たまに電話回線をつないでFax送信に使いたいけどどうなの?(できるか調べる)
・IEしか対応していないサイトが見れない(デスクトップマシンに任せるしかない)
・スキャナー、印刷(試してない。まあデスクトップでやればいいか)
のが課題です。
IE専用ってのはやめてほしいですな。最悪です。

と言うわけで何年も試してきて、今初めてまともにLinuxを活用しています。
せっかくの光回線&11n無線LANのスピードを生かしきれないオンボロマシンですが、貧乏なのでまだまだ現役で頑張ってもらいます。
導入の注意があるので後ほど追記します。
090620-223808.jpg

クラッシュ [コンピュータ]

うーんIt's nt life.
ではなく、うちのデスクトップマシンにnVIDIA nForce4 SLI AMD用のチップセットドライバVer15.23を入れたらキーボードもマウスも受け付けなくなりました。USBもPS/2もダメ。
セーフモードもダメ。回復インストールもダメ。回復コンソールからはなす統べなし。
仕方なくWindowsXP再インストールとなりました。再インストール後同じドライバを入れたらすんなり成功・・・。
写真はデフォルトの壁紙であります。
丸2日棒に振りました。ショックでうつになりました。やられました・・・。
あ、新しいの出てるじゃん!と思って入れたんですが・・・自作機は危険がいっぱいですな。気をつけなはれや!
090519-113548.jpg

SanDisk [コンピュータ]

cruzer colors+ 8GB
近所のカメラのキタムラで\1580。Tポイント使ったから実質¥\1000!
安っ!と思ってあちこち探したけどやっぱり安いので買ってしまいました。
使い道は・・・。まあ、持ち歩いていればきっと役に立つでしょう。
090519-001934.jpg

光&無線LAN導入 [コンピュータ]

です。
 
090418_2353~001.jpg
 
高いほうの組み合わせで買っちまった・・・。
 
詳細はリンクでどうぞ。
本当は家を建てるときにLANコンセントなんぞ付けようかと思ったんですが、
なんせお高かったもので・・・。でもせっかくなんで最新の300Mbps無線LANを導入。
 
光のほうは4ヶ月無料っだちゅうもんで、引っ越しついでに導入。
速度にはさほど興味はなかったんですが、アナログ回線にこだわるのも何ですし。
そしたらこうなっちゃいました。
 
090420_2204~001.jpg
 
  • 真ん中が光回線終端装置兼ルータ(無料で設置)、
  • 左はso-netフォン(IP電話)用のVoIPルータ(月額380円)、
  • 右が無線LANルータ(今回購入)。
こんなにいらねえよって感じですが、仕方ないんです。欲張ると。IP電話はいらんかな・・・。
 
残念なのは、上流にルータがいると、無線親機のルータ機能が使えないこと
(裏道も無いではないようですが)。
Nintendo DSを無線でネットに繋ごうと思ったんですが、無線親機のルータ機能が使えないと
セキュリティの不都合があってつなげられないことが発覚。
光を導入した時点でルータ付いて来ちゃうからアウトじゃないですか。コレガさん。
 
肝心のスループットは、デスクトップPC+USB子機は激速。
ノートPC+CardBus子機はPCのパワー不足(なんたってPentiumIII)のせいかトロいです。
USBが2.0じゃないのでCardBusにしたのに失敗ですな。ADSLと変わらん・・・。
 
でも無線て便利ですな。どこでも使えるんで、おトイレなんかで使ったり、お茶の間で使ったり。
子供がいてもケーブルをいたずらされる心配が無くてイイです。
こうなるともうちっと早いノートPCが欲しくなります。
つーかいいノートPC一台あれば、デスクトップはいらんですな。 外付けHDDも1TB時代だし。
いやいや。我慢です。我慢。
 
 

前の10件 | - コンピュータ ブログトップ